BLOG


2013.07.10
10:05

商品化に向けて只今製作中のコースターですが、先行して恵比寿にある

「ホルモン焼き婁熊東京」様にて御利用頂いておりますのでお近くに来た際は是非お立ち寄り下さい。

こちらのオーナー様である熊井さんの豚肉に対する情熱と拘りは半端ないです!!!

 

      「ホルモン焼き 婁()熊東京」

〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西2-3-5 ISHII BLDG B1F

050-5869-5020(予約専用番号)03-3464-8929(お問い合わせ専用番号)

 

More

2013.07.08
17:45

「師」に頼まれていたベルト2本を持って行った。当然自分の師からお金を受け取る事は出来ない。

いつも通り東麻布にあるアトリエを訪れると何やらいつもの光景とは違う事に気づいた。大理石で造られた師の作業台の上に

沢山のイヌワシの羽が広げられていた。何かを製作するための下準備をしているのではないかとはじめは思っていた。

師に「ベルトは出来ましたか?」と尋ねられたので完成したベルト2本を手渡すとすぐさまサイズと仕様を確認。

毎度のことながら師に自分の作った作品を見てもらうのは緊張するが、数秒の間があった後、

「有難う、お礼にこの羽とトレードね」最初自分の耳を疑ったが再度確認したところ、

「いずれこの羽を使って何か作品作りを考えてストックしてたんだけど今後はあなたが私の代わりに

色々な作品作りに役立てて下さい」と言われた。本当に嬉しかった。ベルト2本とお金じゃ買えないこんなに多くのイヌワシの

羽を「トレード」出来る師の懐の深さとリザベーション(インディアン居留地)にてカイオワインディアンと生活をし

「RED ...

More

2013.06.15
10:25

ショップ名「Youth」

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-1-2F

電話:0422-23-1001

HP:http://www.shopyouth.jp

mail :[email protected]

open: 14:00 close 20:00

定休日:月曜日 第2.3木曜日

近日店頭にて販売開始となります!!!

なお、Youth様でお買い上げ頂きますとSATANTAロゴ入りBOXが付属します。

More

2013.05.27
09:58

今回発表のブレスとハットですが「かがりビーズ」という手法を用いて製作してみました。

従来の手法はレザーの土台にビーズを「すくい縫い」した後、ブレスやハットの本体にステッチやスタッズでビーズと本体を

取り付けていましたが、今回の手法はすくい縫い+ビーズをかがっていくのを同時進行で縫い合わせていくことによって

直接本体に縫い付けております。ハットに関してはレザーの余白がなくなることにより一体感が出ました。

ブレスに関してはスタッズを取り除く事によりかなりスタイリッシュになり女性でも着けやすいスタイルにしました。

商品詳細はITEMとCUSTOMページにて閲覧いただけます。

More

2013.05.05
12:03

師であるREDMAN-Ishibashiこと石橋征道先生の個展を見学しに国立新美術館へ行ってまいりました。

春陽展は大変歴史のある展覧会で第一回目が1923年からスタートし今回で90回目を迎えました。

師の技法はグレージングという古典技法を用いており、何重にも色を重ねていく事により何百年経っても色褪せしない

大変手間と労力の掛かる作業の繰り返しで、今となってはあまり主流ではない技法。主流ではないと言っても現代画家で

古典技法が出来る画家が少ないそうです。しっかりとした知識と技術があるのは当然ですが、知識と技術があってもとにかく

時間が掛かります。一度塗った後完全に乾くまでに数週間待たなくてはなりませんので根気も必要です。

そんな古典技法を用いた師の作品は他を圧倒するほどの存在感がありました。

More

2013.04.23
15:27

 当店はアトリエ兼ショールームとなっております。外出している場合がありますので、必ず事前に電話かメールにて

ご連絡の上お越し下さい。所在地 : 〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原2-37-17

 

 

More

2013.04.16
21:07

SATANTAには欠かせないアーティスト「W・R」氏に看板制作を依頼しました。

一瞬で描き上げてしまい申し分のない出来上がりで大満足です。

More

2013.04.06
00:06

本日よりブログを開始致します。

4月3日〜5日の3日間、展示会を行っていました展示風景の模様をお伝えしたいと思います。

旧知の仲間との合同展示会として3ブランド共に今回が初お披露目となる異例のスタートにも関わらず、

大変多くのお客様にご来場頂けました事、心より感謝致します。

More