SATANTAウォーボンネットの由来 | ネイティブアクセサリー・レザー 財布 キーチェーン バッグ 革ベルト・インディアンジュエリー SATANTA

ウォーボンネットの由来


2020.04.27
22:30

ネイティブアメリカンの戦士が戦に勝利する度に、酋長からイヌワシの尾羽を一枚づつ与えられたとされてい

ます。よって戦士の証のシンボル(強さの象徴)いわゆる勲章を頭部に並べて威厳を示していた為、単なる装飾

品ではなく羽の一枚一枚には命懸けて掴んだ戦士の手柄を表していたからです。

30枚の羽が揃ってはじめて、このように綺麗な弧を描くように広がります。

使っている素材含めてこれが本物。安売りされている粗悪品といっしょにされては困りますのでどうか悪しからず!!!


» BACK