The Grand Circle ~3

トップ)

2018.04.11
17:30

ここには勝手に入ることが決して許されない神聖な場所。

必ずナバホ族の許可が必要だったりガイドをつけたりと方法は様々です。

案内人の方も幼少期はこの地で生まれ育ち生活をしていたそうです。

1)

ナバホ族の総人口は約30万人と最大の部族ともいわれていますが、

そのほとんどがこの土地を離れ、電気、水道、ガスのある近代的な生活をしています。普通にスマホも持っていたりとwその中でも未だにこの地を離れず200人程が生活していると聞きました。

夜、部屋のテラスからボーっと景色を眺めていると、確かに遠くの方で火が上がったりしてました!

2)

ここを離れたくないという気持ちをグッと堪え、相棒にさよならをして次の場所へ移動していきます。

3)

余談ですが、こんな最高なロケーションなのにここは国立公園ではありません。

不思議だと思いませんか!?

なぜならこの土地はアメリカ国ではないからです。半独立国といってナバホ独自の法律が存在します。勿論ナバホ独自の大統領や警察、学校などがあったりと。ふとホテルに泊まっている時に感じた違和感、それはこんな素敵なロケーションが至る所にあるにも関わらず、宿泊施設がグールディング・ロッジができた1920年代から100年で僅かに二棟しかないと考えた時、お金以上に大切なものは何か!?彼らは自分達の土地をいかに大切に守っているんだなと気づかされた瞬間でした、、、それぐらい彼ら先住民にとっては神聖な場所なんです。また、移住区内にはお酒が存在しません。禁酒法といってアルコール類の飲酒及び販売は観光客に対しても禁止されています。

4)

さて次なる地はここ、アンテロープ・キャニオンです。

アッパーとロウワー2つの岩層に分けられていますが、

自分が入ったのはロウワーの方です。
5)

この土地も先ほどのモニュメントバレー同様にナバホ族によって厳重に守られています。

この鉄柵の向こうに持ち込めるのはスマホのみ。

写真撮影だけは許されていますが動画撮影は禁止されています。
6)

地下に降りるとこの世のものとは思えないほど神秘的な世界が広がっていました。

これ何も加工していません!

7)

奇跡の一枚がこちら。心霊写真ではありませんw

下に酋長の顔らしきものが。上にはイーグルみたいなのが写っています。

何となくそれっぽく見えませんか!?

8)

しつこいようですがこれも心霊写真ではありませww

紛れもない僕です!!!

ルークスカイウォーカーが真のジェダイになるため、惑星ダコバでジェダイマスターであるヨーダとの修行中、そこにいるはずもないダース・ベイダーが森の奥から現れるシーンをご存知でしょうか!?突然何の話をしているのかって!?ここのイメージを詳しく説明していました!分からない方はスター・ウォーズ エピソード5「帝国の逆襲」を参考にして下さい (笑) 自分にはそんな印象でした。

11)

この場所に入るのに以前まではロープとハシゴを使い、ある意味サバイバル的な感じだったため、ほとんど観光客が来るような場所ではなかったそうです。個人的にはそっちの方がよかったなと!!!現在はこのように出入り口には階段があるので、お金さえ払えば誰でも入れるようになってしまったのは残念です。特にア○ア系の方々がね〜 マナー悪すぎでしょっ!!!

12)

はい。

ここは出口付近になります

13)

こんな感じでアリンコが巣から出てくるみたいな一コマ。

9)

こんな所に”でべそ”発見!!!

触るとご利益があるみたいなんで、、、

10)

とりあえず触って帰りますか。。。haha

「〜4、続きの記事へ」


» BACK