The Grand Circle ~2

(トップ

2018.04.11
17:15

ユタ州の東側に移動しキャニオンランズ国立公園に来ました。

この景色が見れる場所は、グランドビューポイントといって

ユタ州の北(ワイオミング州)から流れてくるグリーン川と東(コロラド州)から流れてくるコロラド川が重なる場所。国立公園の中でも以外と穴場スポットで、自分が立ち寄った時はほぼ貸切状態。
(1

巨大なチョコボの足跡発見

 

(2

背景に見える迷路のような道では、バギーや乗馬を楽しんでいる人がかすかに見えました。

それにしても凄いところで写真を撮ってもらってる女の子。

肝が据わっていますw
(3

側面から見るとこんな所にいます。

落差600mの高さにいるんですからね〜と思いながら見てるこっちが怖かったw

写真ではあまり伝わりませんが、例えるなら横浜のランドマークタワーの倍の高さってとこです

(4

少し移動してデッドホースポイント州立公園という場所で、

コロラド川を眺めながら自分も頑張ってみましたがびびって腰が引けてます、、

ダチョウ倶楽部の押すなよ的なことはNGでお願いします 笑

(5

しばらく滞在したユタ州を離れアリゾナ州に移動です。

目の前に広がるモニュメントバレーへ向かう途中で停まったここも、映画の舞台になった場所。

分かる方はもーお分かりですよね!?そうです、フォレスト・ガンプのラストシーンがここです。

この先に見えるモニュメントバレーも数々の映画ロケ地として使われていますね。最近だとローンレンジャーだったり、ちょっと前だとバックトゥザフューチャー3とかは有名ですかね。タイムスリップしたデロリアンがインディアンに追いかけられるシーン。ドクが「インディアーン」と叫ぶシーンは印象的でしたw

(6

さてこの紳士な男性と上品な女性はどなた!?

(7

元々ここで生活していたグールディング夫妻をご存知でしょうか!?

(81920年代にコロラド州からこの地に移り住んできた白人(ハリー・グールディング氏)が、紀元前2000年頃からすでにこの地で生活をしていたナバホ族に、わずかなお金でここの土地を譲ってもらったのが始まりだそうです。インディアンと白人を繋げる交易の場、今となっては当たり前のように存在するトレーディングポストは、この方がいなかったら存在していなかったかもしれません、、、(9

交易で徐々に貯めたお金で空港やホテル(グールディング・ロッジ)を作っていき、ナバホ族との友好関係を築いていった彼は、今度はハリウッド映画にこの素晴らし土地(ロケーション)を売り込もうと考えたそうです。その行動が実を結び、1939年に初めて映画化されたのがきっかけで世界中に知れ渡ったという深イイお話し。

(10

グールディングさんのお家にお邪魔しています。

一階はミュージアム。

二階部分は当時の生活様式を感じさせるように残っています。

当時この窓から見ていたキャンパスの先にどんな未来を描いていたんでしょうね、、、
(11

ハリー・グールディング氏のハリウッド映画への売り込みから始まり、

ジョン・フォード監督の目に留まり、当時無名だったジョン・ウェインが大抜擢された

西部劇のルーツともいえる駅馬車、興味のある方は是非おすすめです。。。

(12んで

この日の宿はザ・ビューホテルといってナバホ族が運営しています。

10年前まではグールディング・ロッジしか宿泊施設がなかったそうです。
(13

凄いとこにありました!

部屋は全て駐車場の反対側にあって、テラスに出ると目の前は映画の舞台

(14

ホテルのロビーには伝統工芸品がたくさん展示されています

(15

ロビー中央の柱にもカチーナの人形が沢山あり

(16

そしてこれ。

レストランへ続く廊下の片隅に展示してあったイヌワシの親子。

柵の外から食い入るように見ていたのは自分だけw

一時間ぐらいはここにいたと思うけど、誰一人足を止める人がいなかったのは不思議なぐらい、、、
(17

見て下さいよ、このリアルな造形美。

(18

集中し過ぎて気づいたら夜になってたw

「〜3、続きの記事へ」


» BACK