WESCO大阪

Untitled-1

2014.06.16
10:46

先週、急遽大阪へ向かい、ずっと行きたかった場所、WESCO大阪に行って来ました。

WESCOは1918年に設立されてから今年で96年という大変歴史あるブーツメーカー。

アメリカオレゴン州でWESCOは生産されていますが、世界でも唯一リペア工場として

オフィシャルが認可しているのが大阪にあるWESCO JAPANだけです。

個人的には色々なメーカーのブーツを履いてきましたが、WESCOのブーツは抜群に良いです。

価格は他と比べるとかなり高額だと思いますが、高い物には高いなりの理由がありますね。

創業者のジョン・ヘンリー・シューメイカーさんのブーツ作りへのこだわりとは、

「履き心地が良く、耐久性に優れ、堅牢なブーツであること」と言っています。

元々は林業が盛んな都市であったため、ロガーブーツをメインとした、労働者のためのワークブーツ

として生産されていましたが、1980年代頃から、モーターサイクル・レザーウェアーを作る老舗、

ラングリッツ・レザーの別注をきっかけに、バイカーを中心にエンジニアブーツにも注目が集まりました。

近年はファッションの一部としてブーツは欠かせないアイテムとなり、さまざまなニーズにあった

カスタムオーダーが出来るといったサービスが、自分を含め多くのブーツマニアの心を掴んだ理由だと思います。

機能性は十分良いけどデザインが良くなかったり、デザインはかっこ良いけどすぐに壊れたりと、どちらかに

かとよっているブランドは沢山ありますが、機能性とデザイン性を兼ね揃えたブランドは中々ないものです。

当ブランドでオリジナルのブーツは製作されないんですか?と聞かれた時がありますが、

全く作るつもりはありません。何故ならWESCOのブーツが好きだから、、、です。

ただ、色んなカスタムをしていくと必ずどこか誰かとかぶってしまう。カスタムされる人の気持ちは、共通して

オリジナルの一足が欲しいという欲求、それが全てだと個人的には思います。

そんな自分は欲求を満たすために、「ビーズ+スタッズ」を施すカスタムサービスを始めました。

WESCOが好きだからこそ、自分の技術とアイデアでカスタムした一足はより愛着心が増しました。

僕が作りたいものは流行りとかに左右されず自身が身に付けたいものを作る。

それが製作の原動力となっています。今回は個人的に好きなWESCOを題材にしましたが、特にメーカーの指定

はありませんのでまずはお問い合わせ下さい。お客様だけのオリジナルブーツにカスタムしちゃいましょう!!!

 良い刺激になりました。(WESCO店内写真)

写真 4

Before

写真 3

After

写真-3 11.46.19

こちらにもお邪魔させて頂きました。日本屈指のシルバーアクセサリーのセレクトショップ、C.R.E.A.M.大阪。

以前大変お世話に成っていたお店で、スタッフの方と久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

ワールドカップ優勝国はどこか!?、、、の話題で終始盛り上がりましたね。。。辻井さん(笑)


» BACK